DHA/EPAなどオメガ3脂肪酸サプリは効果があるの?

DHAに代表されるオメガ3脂肪酸を摂取!

今、巷で大流行しているオメガ3脂肪酸はブームではなく、このまま定番となりそうなほど、多くの店で様々な商品を取り扱っています。

アンチエイジングやダイエットなど、あらゆる面で体に良い影響を及ぼすのがオメガ3脂肪酸の特長とされています。

他にも、中高年の方が特に気になるコレストロールや中性脂肪を下げたり、動脈硬化や心筋梗塞の予防、高血圧や脂肪肝の予防、また、メタボリックシンドロームを予防してくれることからダイエットの効果などが期待されています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)などはサプリメントで聞くことが多いでしょうが、DHAはオメガ3脂肪酸の代表といえるでしょう。

DHAと聞くと何をイメージするでしょうか?

頭が良くなるなんて噂を聞いた人も多いのではないでしょうか?

青魚にはDHAがたくさん含まれているのも有名ですね。

そして、青魚というと血液がサラサラになるというのもよく聞きますね。これも概ねDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸の効果とされています。

このようにオメガ3脂肪酸には、本当か嘘か様々な効果・効能が期待されていますし重要な成分です。

例えば、DHAは心筋・胎盤・脳・網膜などを構成し、母から子に与える母乳にも含まれています。また、DHAというと頭が良くなると言われていましたが、それは、脳の海馬と呼ばれる部分に他の部位の2倍以上のDHAが含まれていることがその理由の一つです。実際、DHAは脳機能維持と向上に役立つという研究結果もあるのです。

では、DHAなどのオメガ3脂肪酸はどうすれば体内に増えるのでしょうか?

DHAは海洋生物に含まれ、特に青魚に多く含まれます。そしてその魚に含まれるDHAは、魚が海洋中のプランクトンなど微生物から得たものを体内で合成しています。では、人も体内で合成できるのかというと、残念ながらそうではありません。

DHAなどのオメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の1種で、人体内では合成することも蓄積することもできないのです。

そのためDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸を摂取したい場合は、食事やサプリなどで摂取するしかありません

青魚にはDHAやEPA、エゴマにはαリノレン酸といったオメガ3脂肪酸が含まれています。青魚、エゴマ油亜麻仁油、シソ油、緑黄色野菜、豆類、くるみなどの食品からオメガ3脂肪酸摂を取することが可能です。

しかし、近年、魚を食べる量は、大きく減っていますね。その他のエゴマ油や亜麻仁油などは高価で食べる機会も少ないのではないでしょうか。

実際、日本人の多くは、オメガ3脂肪酸の摂取量ががかなり少ないと考えられています。

体内で合成できない成分であるにもかかわらず摂取量も少ないのです。

例えば、成人が1日に必要なDHAの摂取量は1gから1.5gで、2日に1度程度魚を摂るのが良いと言われていますが、20代、30代では1週間に1回未満、30代40代の平均で1週間に1回から2回、50代でも1週間で2回程度といわれており、全く足りていません。

そこで人気になってきているのがDHA・EPAサプリです。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • DHA/EPAサプリ人気ランキング DHAはサプリで摂取がおすすめ!DHA/EPAサプリ人気ランキング DHAはサプリで摂取がおすすめ!
    頭が良くなるとか血液がサラサラになるとかDHAには様々な効果が期待されますが、十分な量のDHAを食事で摂るのは難しいです。そこで人気なのがDHAサプリです。DHAを魚で摂取すると問題もあるのでDHAサプリがおすすめです。売れている人気のDHAサプリを比較しておすすめを紹介しています。
  • 売れてるイチョウ葉エキスの人気サプリメントはこれだ!売れてるイチョウ葉エキスの人気サプリメントはこれだ!
    イチョウは昔から薬草として利用されてきており海外ではイチョウ葉は医薬品としても利用されているのです。そんなイチョウ葉エキスは様々な効果効能が期待され日本ではサプリメントとして人気となっています。
  • 亜麻仁油の効果・効能亜麻仁油の効果・効能
    亜麻仁油はオメガ3脂肪酸の一種であるα-リノレン酸が含まれており青魚をたっぷりと食べ続けるのはちょっと苦手だという人におすすめです。
  • エゴマ油の効果・効能エゴマ油の効果・効能
    エゴマ油のには人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸であるα−リノレン酸が多く含まれており、うつ病や認知症に効果のあるEPAやDHAに変換されます。