ガゴメ昆布の白髪染めは保湿力が抜群!

白髪染めに天然の昆布エキスが使われているというのは、結構有名な話なので、ご存知の方も多いでしょう。中でもガゴメ昆布の白髪染めは、保湿効果が高いと評判のようです。

ガゴメ昆布とは、北海道の函館に生息する昆布で、粘り気のある昆布の中でもとても粘りが強い昆布です。その粘りの強さゆえに、だし昆布としてではなく、とろろ昆布やおぼろ昆布などに加工されて市販されています。そんなガゴメ昆布の粘りに着目して食品だけでなく化粧品やヘアカラートリートメント、白髪染めの成分としてガゴメ昆布エキスが使用されています。また豊富にフコイダンを含んでおり、その保湿成分に注目が集まっています。そのネバネバ効果が多方面で注目を集めています。

ガゴメ昆布のフコイダン効果を利用してトリートメント効果のある白髪染めが作られています。天然成分のガゴメ昆布が配合されているため、髪や頭皮を健康に保ちつつしっかりと白髪を染めてくれると人気が急上昇中です。昆布エキスの白髪染めといえば利尻昆布を配合したものが有名ですが、ガゴメ昆布はこれを超えるくらいのフコイダン含有量なので、より保湿効果が得られると注目を浴びているのです。

白髪染めは髪へのダメージが気になる人も多いのですが、天然成分配合の白髪染めは髪へのダメージがほとんどなく、手荒れの心配もないようです。刺激のない白髪染めなので、ガゴメ昆布配合の白髪染めの人気が急上昇しているのですね。美容院へ通うと確かにキレイに染まるのですが、髪はすぐに伸びてまた白髪が出現する・・・それを繰り返すとほんとに出費がかさみます。家で手軽に安心して使える白髪染めがあれば、助かりますよね。それがガゴメ昆布配合の白髪染めということになります。是非一度使ってみてください。

ガゴメ昆布の白髪染めのルプルプ

ルプルプ(LPLP)は、イマージュとタカラバイオが手を取って開発した女性のための商品です。

女性のオシャレなライフスタイルを提案し続け、常に様々な商品を開発してきた株式会社イマージュと、遺伝子などのバイオテクノロジー分野の研究などを行っているタカラバイオ株式会社による共同開発というだけで、このルプルプのヘアカラートリートメントはかなり期待ができるのではないかな、と思います。このルプルプは、海洋由来の保湿成分であるルプルプWフコイダンが配合されている白髪染めです。

ルプルプのヘアカラートリートメントは白髪用トリートメントと称されいますが、ヘアカラーリング・ヘアマニキュアの2種類の白髪染めのタイプで分けると、ルプルプのヘアカラートリートメントはヘアマニキュアに当たります。

気になる白髪をしっかりと染めつつ、髪と頭皮をケアすることができますので、使用するごとに美しく輝く髪へと導いてくれますよ。

配合されている染色成文は、植物由来の天然色素を使用しているため、髪や頭皮に余計な負担をかけることがありません。白髪染めというと、配合されている成分の刺激が強すぎるというイメージがありますが、ルプルプのヘアカラートリートメントにはそんな心配は不要です。合成香料は一切使用されておらず、天然精油のみが香料として配合されています。石油系の成分である鉱物油も一切使用されていない無鉱物油ですし、動物性の原料や、髪や頭皮に負担がかかる防腐剤も一切使用していません。

また、アレルギー・パッチテスト済みでもあります。ただ、もちろん全く刺激がないわけではありませんから、ルプルプを使用する前には必ずパッチテストを行って下さい。

パッチテストを行う場合は、皮膚の柔らかい部分…腕の内側は一番適していますが、その両腕にルプルプのヘアカラートリートメントの成分を塗布して48時間様子を見ます。

入浴後にルプルプの成分を腕の内側に塗り、自然乾燥させます。もし、塗布した部分が30分経っても乾かない場合はティッシュペーパーなどで軽く拭いて下さい。そしてその部分に触れないようにして48時間後の様子を見ます。そこでもし赤くなっていたり、腫れていたり、かゆみなどがなければ、ルプルプを使用しても大丈夫ということになりますし、何らかの反応があるならば、アレルギーを引き起こす可能性があるということで、ルプルプの使用は中止して下さい。ただ、48時間となると入浴の心配がありますよね。お湯で洗い流してしまっては意味がないので、ラップなどでカバーして濡れないようにする必要があります。塗布した部分を防水のシールで貼るのも1つの方法だと思いますが、それでも濡らさないように配慮して下さいね。

また、もし初めて行うパッチテストで異常がなかったとしても、その日の気分で結果がかなり変わってくるものです。初回のパッチテストは問題がなくても、次回のパッチテストで反応が出てしまうことも十分に有り得ますので、1度のパッチテストで安心せずに、定期的にパッチテストを行って下さい。

また、ルプルプのヘアカラートリートメントは、白髪染め独特の鼻にツンとくるような刺激臭はありませんので、使用中に気分が悪くなることもありません。あの臭いが苦手という方は結構多いんですよね。私も、母が白髪染めをしていたのであの臭いに覚えがあるのですが、臭いを感じた途端その場から逃げていました。しかしルプルプであれば、そんな心配は不要です。ラベンダー油・ローズマリー油・オレンジ油の精油が使用されていますので、爽やかな香りのなかで快適に使うことができますよ。

市販の白髪染めは準備が面倒という方や、これまで使用していたヘアカラーによって髪が傷んでしまったり、頭皮がボロボロになってしまっている方、白髪染め特有の臭いが気になる方…などは、一度ルプルプを試してみてはいかがでしょうか。

ルプルプは、髪や頭皮のダメージが気になる方や、頭皮がデリケートな方、手や爪などに使用した色を残したくない方などにピッタリです。

美容院などでプロの手によって白髪を染めてもらうのも良いですが、その度に美容院へ訪れるのも面倒ですし、また価格も高いですよね。美容院での白髪染めは、一度ルプルプのヘアカラートリートメントを試してみてから考えても良いのではないかな、と思います。

なお、ルプルプのヘアカラートリートメントには、ダークブラウン・ブラウン・ナチュラルブラウンの3色が用意されています。

髪質や髪の量によって、実際に仕上がる色は異なりますのでその点は十分に注意して下さい。本来、太くて硬い髪の方は染まりにくく、細くて柔らかい髪の方は染まりやすくなっていますから、希望の色に染めることができるよう、塗布後の放置時間を自分で調整して下さいね。

ルプルプの成分

ルプルプのヘアカラートリートメントには、多くの天然由来成分が配合されているのですが、そのなかでも代表格なのがフコイダンです。

ルプルプで使用されている昆布は、北海道の函館で採れるガゴメ昆布です。ガゴメ昆布にフコイダンは、荒れた手が治ってしまうほどの優れた保湿力と、驚くほどの自己修復力を持った成分です。

頭皮を始めとする皮膚の表面に薄いヴェールを作って、肌を乾燥から守ってくれる保湿効果と、毛母細胞の増殖を促し、更に毛髪を伸長してくれる育毛効果で、しっかり髪と頭皮をケアしてくれます。なかでも、美容業界が注目するほど、ガゴメ昆布のフコイダンの育毛効果は本当に優れています。

基本的に海藻類は髪や頭皮に非常に効果があると知られていますが、そのなかでも特に優れた育毛効果を発揮できるのがガゴメ昆布のフコイダンなのですね。ガゴメのフコイダンが、髪の成長因子であるFGF-7に働きかけることで、育毛を徹底的にサポートしてくれるんですね。FGFは、様々な細胞に増殖活性を示しているシグナル分子なのですが、育毛に関しては、FGF-7が毛母細胞の増殖や分裂を促すことにより、毛髪を成長させてくれるのです。

そして、ルプルプのヘアカラートリートメントが特徴としているルプルプWフコイダンというのは、ガゴメのフコイダンを、高分子と低分子の2種類にわけた、イマージュとタカラバイオが共同開発したのオリジナル成分のことです。

高分子のフコイダンが頭皮の表面を潤いで満たす働きがあり、それによって乾燥や紫外線などの外的ストレスから頭皮を守ってくれます。

低分子のフコイダンは、毛穴の奥にまでしっかり成分を浸透させる働きがあり、それによって髪の1本1本に十分な潤いを与えてくれます。このダブルのフコイダンの働きにより、深層保湿のアプローチにて頭皮が本来もつコンディションを目覚めさせてくれるのですね。

また、こういった保湿効果があるからこそ、白髪を染めた後でも髪に潤いが残りますのでパサつかず、しっとりとツヤのある髪になることができるのです。

また、ルプルプのヘアカラートリートメントは、沖縄県久米島の海洋深層水が使用されています。水深612mから汲み上げるこの海洋深層水はミネラル成分が豊富に含まれており、髪と頭皮を健康に整えてくれます。よく見聞きする海洋深層水というのは、太陽の光が届かない水深200m以深の海水のことを指します。

水温は1年を通じて低温で安定しており、汚染の心配もありません。長い年月を経て地球の深海をゆっくりと循環・浄化しているので、人間に必要不可欠なミネラル成分がとても豊富なんですね。

健康や美容の分野を始め、様々な分野でこの海洋深層水は活用されています。

沖縄県久米島の海洋深層水は、ミネラルのバランスがとても良く、髪と頭皮の奥深くまでしっかり栄養分を浸透させてくれます。それにより、頭皮環境を健やかな状態へと導いてくれるのです。

他にもルプルプのヘアカラートリートメントには、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)・パントテニルエチルエーテル・セファランチン・センブリエキスの4種類の有効成分が含まれています。グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は、マメ科の植物である甘草(カンゾウ)の根っこから抽出さえるエキスです。グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分なので、頭皮の荒れや炎症を抑えて、頭皮の健康をキープしてくれます。

パントテニルエチルエーテルは、パントテン酸の誘導体のことで、毛母細胞増殖促進成分です。体内でビタミンB群のパントテン酸となって作用し、髪の成長に大きく関係している毛乳頭や毛母細胞に直接働きかけて、発毛を促してくれます。

セファランチンは、ツヅラフジ科の植物であるタマサキツヅラフジの根っこから抽出されるアフカロイド系の成分です。血流促進成分ですので、健康で活性化された頭皮環境へと導いてくれます。

センブリエキスは、リンドウ科の植物であるセンブリから抽出されるエキスです。セファランチンと同様血流促進成分ですので、頭皮への血流を促しながら発毛を促進させます。

Yahoo! JAPAN

関連記事

最近の投稿

カテゴリー